性病大全集!今日から出来る性病対策マニュアル

性病大全集!今日から出来る性病対策マニュアル

感染の様々な経路

性感染症とはSTDとも言われ、Sexually Transmitted Diseaseの頭文字をとって付けられた名称です。
多くの種類があり、有名な症状ではHIV(エイズ)やクラミジア、ヘルペス、クラミジアなどがあり、国内では非常に稀であり医師でも診た方が少ない症状でもある細菌の感染によって起こる軟性下疳などもあり、一度に紹介出来ないほどの種類があります。
特徴も様々で感染した事に長期間、気付かない症状もあります。
そういった種類の性病は早期発見・治療が重要になります。
また性病は細菌だけが原因になる訳ではなく、ウィルス性のものや原虫によって起こることもあります。
殆どのケースが性行為によって感染を引き起こし蔓延します。
性感染症は人から人へと感染を広げ、感染者の粘膜と相手の粘膜が直接接触することで感染が起こるので性行為がその条件を全て満たす行為になっています。
皮膚感染はしないので、日常生活で感染することはなく、トイレやペットボトルなどの飲み回し、お風呂などで感染することはないとされています。
皮膚は感染を防ぐ効果があり、身体を守る役割を担っているので、皮膚がない性器の粘膜や口の中から感染してしまいます。
例外的に毛じらみ症だけは、小さな昆虫が毛に寄生することで起こる症状なので、毛の接触によって感染します。
セックス以外にもフェラやクニリングスなど口や舌を使って性器を舐めたり愛撫するオーラルセックスは咽頭に感染し、炎症を起こしてしまい腫れて痛みを伴い風邪にも似た症状が現れることもあります。
感染を予防する方法として、定期的に性病検査を行うか時間がないという方は自宅でも検査が行える検査キットも販売されているので感染を確認することも出来ます。
またコンドームは皮膚の代わりとなってくれるので、妊娠を望んで性行為をしないのであれば感染を防ぐ効果が期待出来ます。
感染した場合には、治療薬として抗生物質や抗菌薬などの殺菌作用があるものを用いて治療を行います。
しかしHIVウィルスの場合には有効な治療薬はなく、他の方法での治療になることがあります。
未然に防げることも多いので、不用意な性行為は行わないようにしましょう。