性病大全集!今日から出来る性病対策マニュアル

性病大全集!今日から出来る性病対策マニュアル

男女別の症状

クラミジアとは、1度の性行為で感染してしまう確率が50パーセントを超える感染率の高い性病であり、国内患者数は100万人に達すると言われています。
決して珍しい病気ではなく、誰にでも感染する可能性があるので、とても身近な病気と考えてもいいかもしれません。
原因菌となっているトラコマティスにも有効な薬もあるので治療は比較的簡単にできるので恐れる病気ではありませんが、自覚症状をともないにくい性感染症となっているので感染に気づかずに放置してしまうこともあり、そうなると悪化し、治療に時間がかかってしまうこともあります。
早期発見が早期治療に繋がるので、定期的な検査を受けたり、検査キットなども販売されているので、違和感を感じるようであれば、検査をするに越した事はありません。
感染した男性の場合、まず菌が尿道に住み着いてしまいます。
尿道に住み着く事で、尿道炎や副睾丸炎(精巣上体炎)などになります。
排尿時に軽い痛みを感じたり、尿道に痒みや痛み、あるいは違和感を感じることもあります。
また排尿時には膿が尿と一緒に排泄されることがあり、その膿はさらさらしたものから粘り気のあるものがあり、量は少量となっています。
男性は感染を自覚することも多く、無自覚である人は感染者の50パーセント程度と言われています。
気づかず放置した場合には、血精液症や前立腺炎または精巣にまで進行すると無精子症になってしまうこともあります。
女性が感染してしまった場合には得に注意が必要であり、男性に比べ感染を自覚することが困難であり、80パーセントの人が感染に対して気づかないと言われています。
というのも、まず子宮頸管(子宮の入り口)に感染し、炎症を起こし、不正出血やおりものが増る、性行為時の痛み等が現れますが、どれもホルモンバランスの乱れや生理前にも似た症状が見られやすく、ほとんどの場合、感染に無自覚になってしまいます。
悪化すると子宮内膜炎や卵管炎になり、下腹部に激しい痛みが見られる場合もあります。
不妊症や子宮外妊娠の原因にもなるのでクラミジアの感染には注意が必要です。