性病大全集!今日から出来る性病対策マニュアル

性病大全集!今日から出来る性病対策マニュアル

増え続ける様々な性感染症

昨今、性交渉の低年齢化が進むにつれ危惧されることのひとつに性感染症があります。
代表的なものにはクラミジアがあり、特に若い人たちの間で問題となっております。これは通常の性交渉以外にもオーラルセックスでも感染する可能性があるので注意が必要です。実質セックス経験の無い童貞や処女であってもフェラで感染しその感染被害が拡大していくというのはまるで地獄絵図のようではありませんか。男性と女性で異なりますが、この病気に感染すると性器に不快感や痛みが出ます。しかしながら自覚が無い場合もありますので、自分が気付かぬうちにクラミジアに感染しており、知らぬ間に他の人にも感染させてしまう恐れがあります。もしも気になる場合は感染したかも知れないと思われる日から数日経過していれば検査ができますのでお早めに医療機関を受診してみてください。
他の性病として代表的なものには淋病があります。こちらも先ほどと同様、お口での行為によっても感染してしまう厄介なものです。症状としてはやはり性器の痛みが挙げられますが、女性の場合は分泌物が多くなるといったのも特徴です。淋病の怖いところは、ある種類の抗生剤がまったく効かないことであります。つまり耐性ができてしまっているわけです。また、女性が妊娠中である場合、赤ちゃんにまで感染してしまうケースがあります。赤ちゃんの血液等に感染するばかりではなく、ひどい時には赤ちゃんの命にかかわる重大な事態になることもありますので軽視することなくしっかりと治療しましょう。
上記の他にも性感染症はこの世の中にもっとたくさんあります。身近と言ってしまってはおかしいですが、ヘルペスという水泡ができてしまうのもそのうちのひとつです。なぜ身近と申し上げたかというと、実はこれ、水ぼうそうもヘルペスの一種だからであります。幼少期に罹った方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。ウイルス感染が原因とされております。
このように性病というのは多々種類があり、それぞれ特性も異なります。症状が出てから気付くのでは遅いですし、下手をすると周りの人にも迷惑がおよびます。そうならないためにも普段からいろんな人とむやみやたらに性交渉をするのは避けましょう。快楽に溺れ身を崩すというのはいかにも人間の業であるなどと言うのはおかしなことであり、それは単純に自分勝手なだけとも言えます。自分の体に気を付けることは、周りにいてくれる大切な存在を守ることにも繋がるのであります。

【オススメリンク】
 性病の種類と症状、有効な治療薬を確認する|お薬なび